古いレジ

レジスターの機能

飲食店で用いるPOSの機能性を徹底的に比較しちゃいます!売上アップを期待できる人気システムがココにありますよ。

業務用化粧品やシャンプー類がたくさんあります。アメニティグッズを提供しているのがこちらです。新商品もたくさん入荷するので要チェック。

どこのお店に行っても、必ずあるものがあります。それはレジスターです。
レジやキャッシュレジとも言われており、会計の際に、お金の出し入れを管理している機械で、誰もが目にしたことがあるものです。
レジスターには、物販向けのストロークキータイプと、飲食店向けのフラットキータイプがあります。
ストロークキータイプのものは、部門ボタンがあるレジです。
金額、部門を押すことで会計ができます。
また、フラットキーたオプはワンタッチキーというボタンがあり、単品の商品登録を行うことができます。
キーを押すだけで、商品と金額が自動的に表示され。売上を上げることが可能です。

個別の商品の売れ行きを管理し、尚且つ棚卸し金額を知りたい場合は、「PLU」という機能を使用することが必要になります。
PLUは、商品名と単価をレジに設定しておき、その商品番号を入力することで登録できる機能です。
複数の商品を取り扱っている際に、PLUは大きな効果を発揮します。
個々の売上金額と、個数を集計することが可能で、売上金額だけでなく、販売個数を知ることができます。
部門と組み合わせることにより、どの部門の売上が多いか、どの商品がよく売れているのか等把握することが可能です。
棚卸しや、商品を細かく管理していくには非常に役に立つ機能です。

お金が収納されている部分のことを、ドロアといいます。
多くの機種は、ドロアとレジスターは一体となっていますが、中には、ドロア本体を別々に設置できるものもあります。
別々にすることで高さの調節を行うことや、自由にレイアウトを行うことも出来ます。
レジ周りをすっきりさせて、場所を有効活用することも可能です。

ニーズに合わせてカスタマイズすることができます。POSシステムを導入するなら利便性が高いこちら。お店に合った使い方ができます。

豊富なノウハウでインドネシア進出支援を行なっているのがこちらです。コンサルティングを受ければ、海外でもしっかり稼ぐことが出来ます。

価格

レジスターの価格は様々です。1万円台から、10万円以上と幅広くあります。レジスターを選ぶ際は、扱う商品はなにか、何を管理していくのかが重要になります。価格だけでなく、機能の面からも考えていきましょう。

バーコードへの対応

レジスターには、バーコード対応のものと、そうでないものがあります。専用のスキャナを使用することにより、バーコード情報を登録することができます。バーコード情報を利用すると、登録間違い等のミスを事前に防ぐことができます。

責任者の登録

レジスターには、責任者を登録することができるものもあります。それぞれの売上金額と、取引き回数を把握吸うことが出来ます。登録人数も、それぞれなので、お店にあった規模の人数が登録できるものを選んでいく必要があります。

オススメリンク